2024年07月13日(土)

お口あーん [クリニック情報]

1歳の○○ちゃん。
診察室に入って、私の顔をみるなり、まずお口をあーん。
「もしもしからね」と言って、聴診器で音を聞いているときも、私と目があうと、また口をあける。

診察のとき「お口あーん」って、繰り返してたのを覚えてくれたのね。
○○ちゃんは、ばいばいっていったあとも、私と目が合うと口を開けていた。
私の顔=「お口あーん」
ほんとに可愛い。

2歳の○○くん。
診察室に、Tシャツを手であげながら入ってくる。
そして、椅子に座ると、服をあげて、おなかを見せてくれる。

この子は、もしもしのとき、お洋服を上げるのを覚えててくれたのね。

だけど、お口あーんや診察をとっても嫌がるお子さんも多い。
無理に舌圧子で、口をあけて喉をみたことが、とっても嫌な経験として残っているから仕方ない。

上手にお口をあけたら、ライトだけで、舌圧子はいらない。
口をあけてくれても、舌を下げないと喉はみえない。
「あー」って大きな声をだしたら、のどが見えるのだけど、なかなかコツをつかむまでは難しい。

だけど、一度舌圧子なしで、喉をみせれたら、辛くないことがわかって、次から大丈夫。
そこまでが、時間がかかることも多いけど、なぜか突然できるようになる。
それが、お子さんたちの成長かな。

外来では、インフルエンザは下火に。
新型コロナが増えてきた。
小さいお子さんたちの高熱は手足口病が多い。
大きなお子さんたちの長く続く発熱と咳はマイコプラズマ。

7月になって、お熱の方がとっても多い。

画像(180x240)・拡大画像(480x640)

Posted by さかざきひろみ at 19時16分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2024年06月22日(土)

マイコプラズマ [クリニック情報]

今週も手足口病が増えている。

あとアデノウイルス、溶連菌感染症。
そして、久しぶりにインフルエンザA。
ちょっとびっくり。

大阪市の感染症情報は以下のとおり。
やっぱり手足口病がトップ。
新型コロナがじわっと増えている。

画像(320x195)・拡大画像(624x382)

他にも、マイコプラズマ感染症。
これは4年に1回、オリンピックの年に流行すると言われている。

マイコプラズマとは?
ウイルスと細菌の中間の性質と大きさを持つ病原体で、肺炎、気管支炎などおこすが上気道炎症状のみのお子さんもいる
感染経路 
@咳・くしゃみなどの飛沫感染
A病原体がついた手で目や口、鼻などを触ることによる接触感染
潜伏期間 2〜3週間。他の感染症に比べて長いのが特徴。

症状
とにかく咳がひどい!
(はじめ乾燥した咳→痰がらみの湿ったしつこい咳)外来で待っている間もとにかくずーっと咳がとまらない。また、咳は発熱から遅れて始まることも多い。

大きいお子さんでは熱もなく元気で、咳だけが続いていることもある。乳幼児はかかっても肺炎にならずにカゼで終わることが多く、 年長児の方が肺炎になりやすい傾向にある。
マイコプラズマになって、肺炎になるのは、全体の3-5%。
発疹がでることもある。

診断
迅速診断できる方法があり、クリニックでは主にこれを使用している。しかし、感度が低く偽陰性にでることも多い。
また、のどの奥を綿棒でゴシゴシするので、お子さんにとっては、辛い検査。本当に必要な場合だけに検査をするべきと思う。総合病院では、PCR検査があって、比較的早期でも診断できる。

治療
マクロライド系(クラリス)が第一選択。
耐性の場合は、オゼックスや9歳以上ならミノマイシン。
今シーズンは今のところ当院でクラリスが無効であったのは2例だけ。

軽症例に最初からミノマイシンやオゼックスなどのニューキノロン系を安易に使ってしまうと、さらに多剤耐性のマイコプラズマになる可能性がある。
また、ミノマイシンは9才未満の小さいお子さんは歯が黄色くなったりするので、使えない。
さらに、免疫反応が強く出てステロイドが必要な場合もある。
自然治癒例もあるのでお薬は慎重に選びたい。

Posted by さかざきひろみ at 19時11分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2024年06月08日(土)

外来状況 [クリニック情報]

外来では、手足口病が多い。

大阪市の感染症情報でも手足口病が急上昇。

画像(320x201)・拡大画像(640x402)

熱がでてすぐだと、まだのどにも手足にも水泡がでてないことが多い。
もしかして明日発疹がでてくるかもとお話しすると、翌日手足にぶつぶつが出てくることが多い。
のどに水泡があって、手足口病かもとお話ししても発疹がでてこないのはヘルパンギーナ。

同じウイルスで、どちらにでもなる場合がある。
基本的には、どちらも夏風邪ウイルスで、有効な薬はない。
ただ、のどに水泡ができてしまうので、のどが痛い。
それでも少しずつ水分がとれるか、経口摂取ができるかどうかが大切。

どちらも解熱して、食欲が回復したら登園できるけど、感染力は2-3週間ある。したがって、感染のおそれはあるけど登園可能という変な証明書になってしまう。
実際に、登園許可証を必要としない園のほうが多い。

大人はうつりますかとの質問もよくある。
ウイルス感染なので、やはり罹ることもある。
大人の人のほうが、しんどそう。
高熱で手足の水泡がめっちゃ痛痒いらしい。痛くて歩くのが辛いっていうママもいた。

他には、マイコプラズマ感染症。
そして、熱が5−6日続いて、咳もひどくなる風邪などが多い。
4月から保育園や幼稚園のお子さんたちは一生懸命、色々なウイルスと戦っている。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

百合が今年も満開!

Posted by さかざきひろみ at 19時10分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

7

2024


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2006 さかざKIDSブログ All right reserved.2006 Sakazaki Kodomo Clinic.